トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

support-activity


「骨折してるかも…だから来た。」

2016.09.26

Category { 岩手便り }
Comments  { 0 }

IMG_3288
プラーナーヤーマはスシュムナー・ナーディーの汚物が清まるまで、常に サットヴァの思いで行なうべきである。

これはヨーガの教えです。
つまり、ヨーガは常にサットヴァな思いで実習するということ。

どんなに腕のいい医者がやって来ても
患者本人が散漫な疑心の不安心でいるなら
自分の思い込みの執着を手放すことができないなら
病気は悪化するでしょう。

お任せできる安心感と
ありがとうという歓びでいっぱいなら
病気はすぐに完治します。

歓びが薬です。
疑いのない解り合えている実感のある純粋な時は最高の薬です。

「骨折しているみたいなんだ。でもね医者に行っても固定するだけだからね。
だったらこうして顔見に来て…その方がよくなるから来た」
そういっていらっしゃった岩泉ヨーガ教室のミーさん。
「早野さんが盛岡から来るっていうからね。骨折してるみたいだけど来た。
わたしも今日は盛岡にいたけど、盛岡から来た。
こうしてる方が直るから来た。」

「!!!っ」
病院に行って確かに折れているのか、あるいはヒビなのか、
あるいは剥離なのか、状況理解のためにも病院へ行ってください。

しかし、ミーさんの言う通りです…かもしれません。
また処置も、よく痛みと向かいあって
最初は冷やし、冷やし、それからもう感覚ないから今度温めた。と。
さらにまた
!!!っ
を聞きました。

熊の骨があるんだ、金ぞうさんにもらったんだ。
骨折ったらこれつかえってね。
鹿の角もあるから(どうやら効くらしいのですが…)
先に金ぞうさんの熊は最高秘密薬でもったいないから
まず鹿をやっておくよ〜

そう言われ去っていきました。

わたくしは
ただただ
合掌。

岩泉町、こういうところだ。
今NEWSになっている孤立状態の安家(あっか)地区(金ぞうさんが生きているとき、暮らしていた山人の郷)はこういうところ。
早池峰山のタイマグラばあちゃんのような郷。

前のページへ戻る

コメントをどうぞ