トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

todays-tyc


瞑想へのアドヴァイスを一つ。「先にする」。

2021.07.22

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_6948
瞑想やサマーディ(三昧)について触れた隔週で開催しているヨーガ学習会でした。
次回は8月2日(金)。
実践編でハタ・ヨーガのいくつかの瞑想をします。

今日の感想
会員M.Hさん。
「いま瞑想ブームですよね。仕事の空き時間で積極的に進める会社などもあって、手軽に、昼寝でもいいのでと(笑)推奨されているようです。でも、今日の資料の<瞑想の二十のヒント>などを読むと、どうしても現実的には難しい、「ムリっ」😅と思ってしまうのですが、どうなのでしょう」。

確かに、鍵のある部屋で、一人になって、姿勢を真っ直ぐにして、朝は4時に起きて、眉間を凝視し、食事はサトヴィックなもの……、確かにその通りですね。

さて「現実的ではない」、そして「どうなのでしょう」ということでした。
まず、現実的かどうか?については、わたしたちが現実的と思っていることとは?という問題になると思います。
一人ひとりの日常がありますから、現実的というのは…それぞれかもしれませんし。

それから、
「気軽に瞑想に向かうということを最近するオフィス」の話と、「(伝わって来た)云われ」を比較した時に、お感じになられることについて。
後者、今日の資料は名前に「瞑想の二十のヒント」とあるようにヒントなんです。
きっと伝えたいことの中から20を絞りこまれたのでしょうし、端的にしたでしょうから、それを優先する理由などは省かれていますねきっと。
ですから多少厳しくて無理なように感じるかもしれませんね。

そして、最後に、ほんとうにまず自分が「瞑想を生活に取り込んでみようか!」と決心したなら、決意に対して何か準備をしなくてはなりません。準備は、あれもこれもでは大荷物で歩けないので、まず一つ。これだけはしようと決めてはいかがでしょうか?
例えば
「一人になって目を閉じる時間を昼休みに持とう」「昼休みはひとりになって目を閉じて座る!」
こう決めたら、まず、それをしたらいいです。その他の項目はいいです。
昼休みになったときに、
先ずする。最初にする。これはコツです。

決めると皆さんは「やればいいのだ」と思っています。
でもやればいいくらいだとやれなくなりますよ(笑)。
先ずなのです!

思い出される話があります。
成瀬 貴良先生が若い頃、ヨーガに夢中になっちゃった時のお話をしてくださったことがありました。
「本当にヨーガをやってみたくて、やってみたくて、当時の教室では今のようなヨーガなんてまだ知られていなかった時代だったから、ヨーガ教室と言ってもウサギ飛びとか腕立て伏せとかしてたんですよ。ですから、佐保田先生の本なんかを読むと読んで試してみたくて仕方なかったんですね。それで、会社の昼休みはチャンスだと思ったから、近くの公園でしていましたよ。
皆さんはきっと、どうですか?やろうと思ったらお昼を食べて、残りの時間でしませんか?
きっと休憩時間になったら銀行に行かなくちゃとか、電話をしなくちゃとか、休憩時間になったら…って思っていたことをまずしますよね。
私は先ずヨーガをやったんですね。そうしないとする時間っていうのはなくなっちゃうからです。休憩時間にしようと思っていたようなことは後にして先に(ヨーガを)してしまって、残りの10分くらいでメシとか家族に頼まれていたこととかを急いでやったんですね。」

と。

ギリギリで切羽詰らないとやらない性格なので
今でもこの話の内容は私の先生です。
本当に雑ごと、コトをすればコトは増えるんです。真面目で熱心なほど。
キリがないから、決めた決意を先にやってはどうでしょうか。

Tryambakam Yoga Center
tomoko

前のページへ戻る

コメントをどうぞ