トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

lecture


18.09.28

Category { 教室トークsingle 月例学習会 }
Comments  { 0 }

IMG_0327

第3章 カルマ・ヨーガ
今月(8月)は第3章10〜25節でした。

3-10
・プラジャーパティについて
創造神です。何かを創る神様。人間を創ったのもプラジャーパティについて。
a)ヴェーダの時代は→インドラ(雷神)、サヴィトリ(太陽神奨励)、ソーマ(酒の神)、ヒラニヤガルバ(太陽神金色の胎児)らのことをプラジャーパティと
b)バラモン教時代はブラフマーのことをプラジャーパティと
c)プラーナ文献では10人の聖者をプラジャーパティと
→ プラジャーパティは→「時代によって違うんですね。」

・如意牛について
→ごちそうや兵隊さんとか、何でも出してくれた如意牛。確か、ヴァシュシタという聖人の持ち物。

3-11 祭祀とともに人を創られた
→つまり、そもそも人は祭祀をするために作られた。だから、祭祀をしなさい。それは神を繁栄させること。

3-12 (11節を受け)わたしたちが祭祀をすると、神様は食べ物をくれる。その、するべき祭祀とについて
→バラモンさんがする祭祀ではなくて、行為の本源(もともと人が創られた意味、生まれた意味)のことを言っている。それは「祭祀とともに人を創った(3−10)」なので、私たちの行為のことをここで祭祀と言っている。

3-14 祭祀をする代わりに与えられる食べ物について
→食べ物は雨によって生育する。
その雨は雨乞いなどの祭祀から生じている
だから、全てが祭祀をする人の行為から生まれている
故に、行為しなさい、つまり祭祀をしなさいと強めています。

3-15 節の「行為はブラフマンから生じる」と、「ブラフマン
は不滅から生じる」という2つのことばで使われている
「ブラフマン」の違いを知る必要があります。
※哲学的には、サーンキャが出てきたり、ヴェーダがで
てきたりします。

<Q&A や感想>
とくに質問は出ませんでした。
私たちが疑問を持つ気持ちと同様に、ここではアルジュナが問い、細かくクリシュナが応答してくれています。クリシュナの説明で私たちも納得させられているのかもしれませんね(笑)。

次回は9月28日(金)
続きから勉強します。
少しづつ進みますので、頭でっかちになる手前程度の1時間。
一ヶ月に一回ペースですから、復習が十分にできます。

『ギーター』を読んだことがある人も、この講座で熟読しませんか。
サンスクリット語からの訳ですから、英語訳からの解釈と変わることもありますよ。
解説は原点に返ったところからなされる、成瀬貴良先生独特のまっすぐで色付けや推測のない解説です。

■毎月第3週目(金)
■13-15時
■喜多見地区会館
■要申込
info@tryambakam.jp

Tryambakam Yoga Center


18.09.25

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

fullsizeoutput_2094
今朝 朝ヨーガのクラスへ行きました。
小学校の朝の教室の風景のようでした。
「昨日みた?テレビ」
見ていなくても、こうして話題はいつの間にか耳に入ってきます。
すっかり教えていただきました。

みなさんの話題がひとつに揃っています(笑)放映に拍手👏

テーマはいくつか挙がりましたが、共通項はヨーガ!
・100歳のヨーガの先生のこと
なんと勇気や励みをいただく姿でしょうね!力が湧いてきますね。
今からでも先生になってみますか!ちょうど今月から始まりますよ!「(笑)(笑)」
「もっと早くヨーガをしたかった。」
そのことについて私の先生はこう言いましたよ。「早く始めたらよかった、遅かったと言う人がいますが、それぞれ始めたときがわたしたちにとってベストタイミングなのです!」と。
その時が何でも吸収体の0歳です。そして、そこからの成長は、通常の数え歳とちがいます。若ければ成長が速いとは限らないのです。その人のもつ経験の深さや理解してきたことの幅によって勢いよく変化し気付きの成長を遂げられます。ですから早い、遅いも年も関係ないと私も思っています。人はだれでも、気付いたときが0歳で、誰でもが覚者さまです。

・呼吸のこと
「やっぱり呼吸なんですね、ヨーガは」
はい、そうです。これから「見にくく」なってくるでしょう。「聞きにくく」なってくるでしょう。「おっくう」で通えないときも出てくるでしょう。呼吸を見つめる方法さえ理解されていれば、いつでもそこから力をもらうことができるのです。
気息が整えば起き上がれ、姿勢と気息が整えば、生きる力が湧いてきます!そして好きに身体は動かしたくなったり、動きにくくなっている事に気付くことができるのです!

・頻尿のこと
(これは実践しました。関心のある方は問合せください。)

共通項は「ヨーガをしてヨーガになっていこう!」と。
アフター・ヨーガはサット・サンガでした。

Tryambakam Yoga Center


17.07.03

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

R0011075.JPG
今朝のこと。

お友達でヨーガの先生のakemiさん、今日は梅雨休暇で軽井沢ですって♪ 
うーん…回想させていただきすっかり清々しい気持ちっ(*˘︶˘*).。.:*♡
はぁ〜 きっと午後はソフトクリーム だわね〜(๑´ڡ`๑)

さ、わたしも心と身体の避暑地 泉の森へ行こっ♪(笑)っ

さて、さて、さらに楽しい気持ちになりましたよ。
チビチビ サット・サンガになりましたよ。

列車の話題に。
インドはデリーからシヴァーナンダ・アーシュラムのあるリシケーシへいくとき列車で行ったります。
わたしはその列車の名前を「シャタブリ」って、聞いたままを覚えて言っていました。
でも、その名前、本当の名前は「シャタブディー」だそう♪

まあ!
間違って覚えていた事が明らかさんになって、わたしは嬉しい気持ちに♪
名前は全てを語るので大事。わたしはさらに意味をお聞きしたくなったの。

先ーず自分なりにちょいとだけだけど調べてから…。
きっとヒンディー語です。しかし我が家には梵語事典しかありません。
もしかしたら梵語(サンスクリット語)は古典。
案外 ヒンディー語になっても似かよっているかしらー…
調べてみると

ない。

ないですよねっ(^_^;)。
やっぱりヒンディー語かなにかだわ。
しかし、しつこい自分を改めて感じながら。
シャタとブディーかしら?
シャタはない。。
ブディならありました。目覚めた人の意味のブッタ(釈尊の名前)の言語ならあったのです。
意味は「覚。明瞭。理解する。」また「水星。水大曜。辰星。」など。

・・・
ヒンディーだけどサンスクリットと関係あったり?とその調べたことを添えてからシャタブリの意味をお聞きしてみると
「世紀祭」という意味だとヒンディー語の先生には教わったということでした。

ほぉ〜

楽しい気持ちになりました。
これでやっと、ちゃんと乗れるわぁ〜。
これまでは名前さえちゃんと知らない方にお世話になっていたようなものね…

清々しい、
これぞサット・サンガ!

さらに!
シャタブでィーは州と州をまたぐ列車のことだそう。
日本では新幹線ですね。
新しい幹

オモシロイ♪ (わたしだけかも(笑)っ)

「世紀祭 vs 新幹線」

さぁ
トリャンバカム 泉の森 避暑地 のここで
ヨーガを始めましょう。
ヨーガはシャタブディー
意識と肉体 をまたぐ列車ですよぉ〜
貫く幹も美しく通っていないと素早く移動できません。
しかし、素通りは・・・?
またいでいる 間 時の流れは旅路ってもんです。
車窓を眺めるように 間を 感じてみてください♪

Tryambakam Yoga Center
tomoko


17.06.23

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

IMG_1071
盛岡より。
メッセージが。

今日も愛のシゴトをして夜ヨーガへ♡
と。(*˘︶˘*).。.:*♡ ヨーギニー様です。

返信は…
「時間と愛についてのうた」を。

 過ぎる時間も愛と同じ
 分けることも歩き回ることもしない
 
 今日という星がばらまかれた
 愛は無限でありながら中心からけっして外れない
 愛の行ないも 愛の思いも
 時間の行いも 時間の思いも
 けっして揺れ動いたりしない

リャンバカムーガセンター盛岡
t..