トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

live-life-yoga


19.03.22

Category { お知らせsingle サット・サンガ }
Comments  { 0 }

プラヤーガ(グ)は河の二流が新たな流れになる合流点。

プラヤーガ(グ)は河の二流が新たな流れになる合流点。

ヨーガ実習 + α

広げようヨーガの叡智

月例(第3・土)サット・サンガsaM-yogaのご案内

月のたった一日、きっかけの生きるヴァイブル


ヨーガ・サンガはあなたの芽吹き

4/20㈯より毎月開催

10時〜12時(120分)

泉の森会館3階(トリャンバカム・ヨーガ

センター)

講師:はやの 智子

月例(第3・土)ご案内


広大なヨーガの思想や哲学をさしく紐解くようにお伝えしましょう。その後はご実感のYOGA実習で、みなさんの心は「楽しいYOGA!」でいっぱいになりますように!

一人ひとり異なったレベルでの体験ですが、個人的でない真の、深いところからの喜び!幸福感!

幸福感へのキー(鍵)は気づき。気づきは理解。理解の実感というのは母のような存在で…深いやすらぎ感の実感が私たちに気づき(理解)を与えてくださいます。そして、何歳になっても常に前へ、成長へと向かわせてくれるのです。

継続的に通われてくださっているエネルギーというのはたいへん偉大なエネルギーです。そのエネルギーを単なる習い事から、人生で経験した「ヨーガ」へと変えてゆきましょう。

ヨーガをしっかりと学んで始めたい!という方にもお薦めです。/span>ご多忙の皆様へのご案内で恐縮ですが、ご多忙だからこそ。時間というものは思考(空間)の整頓で如何ようにも変わります。

月のたった一日。是非お充てていただければと存じます。


合掌 Tryambakam Yoga Center 主宰早野智子




18.10.18

Category { お知らせsingle サット・サンガ }
Comments  { 0 }

images-3

月にたった一日を教典学習に充てませんか。
ヨーガはわたしたちに生き方を教えています。
この人生で教典に触れることができるというだけで幸福なことです。
大人の習い事。

問い合わせはこちらまで。
info @tryambakam.jp


合掌

日時■10月19日(金)13−15時
場所■喜多見地区会館
内容■①インドの叡智/②バガヴァッド・ギーター
持参■①善本社『いまに生きるインドの叡智』
②配布資料
講師■成瀬貴良先生
授業料■継続受講生3500円(1回毎4000円) と別途資料500円
✿〜〜Message〜〜✿
① ヨーガ全体を学びます。ヨーガのみならず、古代インド哲学から現代まで、歴史を背景にして成立していったヨーガのこと、その詳細を勉強します。10月はアシュターンガ・ヨーガのサマーディについて。
② 聖典書でありヨーガの教典でもある『バガヴァッド・ギータ』を
梵語(サンスクリット語)から訳し、解説。3章の38節から4章を勉強する10月。


18.09.27

Category { お知らせsingle サット・サンガ }
Comments  { 0 }

チャクラ
成瀬貴良先生と実践する勉強するYOGAワークショップ

目や耳や口が私たちにあるように、
わたしたちの身体にチャクラがあります。

チャクラに意識を向けてみよう。
姿勢を整え、気息とともに…

ハタ・ヨーガは、身体や呼吸、チャクラを使ってする特殊な体操です。
困ったときの乗りものや歩行を助ける杖のように、身体や呼吸、チャクラについて知りましょう。
子供が分解が好きなように、知ることで扱いが楽しいものになるでしょう。
成瀬貴良先生から聴くヨーガのおはなし。ヨーガが好きで携えて生きたい一生懸命なわたしたちに教えてくださいます。

■日時 10月21日(日)
■場所 喜多見地区会館
   (トリャンバカムヨーガセンター㈰・㈫の会場です)
■費用 2500円
■申込 info@tryambakam.jp
※詳細のご案内をメールにて送信致します。
■開催 トリャンバカムヨーガセンター

★詳細はこちらのチラシを拡大してご覧ください。印刷してご利用いただいて結構です。
チャクラ


18.09.03

Category { お知らせsingle サット・サンガ }
Comments  { 0 }

デリー〜リシケーシ間 シャタブディ列車車窓より

デリー〜リシケーシ間 シャタブディ列車車窓より

9/2(日)【呼吸を整える法】が終わりました。

早朝から雨の中いらした皆さんの顔は 終わりには驚くほどの別人に。
プラーナーヤーマの現れ?お顔はぴかぴか⭐
もっとも変化してピッカリ輝いていたのは成瀬貴良先生でしたが。

ハタ・ヨーガのプラーナーヤーマの実践の前に
プラーナについてのお話
わたしたちの呼吸との関係、
そして
呼吸を通してプラーナを感じる実践
伝統的なプラーナーヤーマを実習しました。
最期は多くの質問とその応答

「プラーナーヤーマを心地よく実践したいな〜」
「苦しくならないで長続きのコツがあるのだろう」
「上手にできれば気持ち良くなれるはずだから……」
と、私たちは探すようにピタリと来る誘導やテクニックを追ってジャーニー(旅)するものですが
そんな心を立ち止まらせてくれます。

そこに風邪が吹くこと
光につつまれていること
静けさがひろがっていること
改めて実感させられ

再び一歩を踏み出すとき、その歩みはまったく異なったものになっていました。
こうして、心地よく一歩一歩を歓びとともに歩く
意識してなされる共同の時間の繰り返しが
気付くと周囲には誰もいない、仲間と歩みながらも、たった一人、空間で瞑想している感覚。

2日目の3㈪の今朝は、さてさて実践。
再び同じように、心が立ち止まれるかしら。

まず挨拶。
そして礼拝。
そこに捧げ、応えを待ちます。

そして始めましょう!

次回のワークショップは10月21日(日) 詳細案内、間もなく発信。お待ちください😊