トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

news


20.09.18

Category { お知らせ }
Comments  { 0 }

R0017044
3日前までお申込ください。
■期日 9月27日㈰
■時間 09:45〜11:45
■場所 リモート授業
■料金 3000円/会員は1500円
■申込 info@tryambakam.jp
■講師 早野智子(トリャンバカム・ヨーガ・センター/師 成瀬貴良氏)
■資料 受講者へ配布(受講料に含む)

Tryambakam Yoga Center


20.09.08

Category { お知らせsingle サット・サンガ }
Comments  { 0 }

51JEN0EE5TL._AC_US200_
「今年一番のやりがいです。」
著者の成瀬貴良(なるせきよし)先生と読む『シヴァーナンダ・ヨーガ』

「グルデーヴって、シヴァーナンダさんはこんな方!」
「ひとりでも多くの人に知っていただきたいと思ってこの本を書きました。」
そう語られる成瀬先生の初めて訪れたヒマーラヤ入口の聖地リシケーシのシヴァーナンダ・アーシュラムでのお話など交えて…。
身で語られる伝えたいことを、わたしたちも身で聞きませんか?
スヴァーミー・シヴァーナンダの誕生月を始まりに、全3回の予定です。
一人でも多くの方に聞いていただければ幸いです☘
ファンは世界中に。現代を代表するヨーガの聖者で奉仕と愛の人。

受講希望の方は早急にお申し込みください。
リモートでの授業となります。

🔸著者成瀬先生と読む『シヴァーナンダ・ヨーガ』(善本社)
※ 当日までに本を各自できるだけご準備ください。

期日■第一回 9月18日㈮ → 10月2日㈮ ※ 以降毎月第3週㈮
時間■13−14時
場所■リモート授業 お申込者へ入室情報をお送りします
料金■2000円 ※補足授業と併せて受講 4000円(継続受講生は3500円)
補足■続けて授業14時〜15時は『バガヴァット・ギーター』(成瀬貴良訳)
支払方法■授業後、無事受講できた方は指定の口座へ振込いただきます。

問合せ■info@tryambakam.jp
080-5464-1050(電話 または ショートメールでも受付可能)

🔷補足
スヴァーミー・シヴァーナンダさんの紹介をしています。
誕生日週の授業前のお話の中で…。こちらでお読みいただけます。
9月7日 SERVE
9月8日 LOVE
9月9日 GIVE

Tryambakam Yoga Center
早野智子


20.09.08

Category { お知らせ }
Comments  { 0 }

IMG_3173
今日9/8シヴァーナンダ・サラスヴァティ ヒマーラヤ入口聖地リシケーシのヨーガの聖者の誕生日。多くの弟子がリシケーシをセンター(中心点)に広がりました。

私たちは、シヴァーナンダの教えに共鳴し、大好きなので、教えに沿ってヨーガを伝えているので、特別に想う日になる訳ですっ😍。
ファンは世界中に💞
シヴァーナンダのお名前は、今多くの人がしているハタ・ヨーガの先生なら、またヨーガをほんの少しを勉強した方はみ〜んな知ってるはず♪そんな偉大な現代を代表するヨーガの聖人であり先生です。

昨日はそんなシヴァーナンダさんの

「一口で言うとこんな聖者」「インドのリシケーシのアーシュラムに来た人に先ず伝えたこと」

を紹介させていただきましたよ。
そして教えの筆頭の「サーブ(SERVE)」をテーマに授業をしましたね♪

今日は
シヴァーナンダの教えの筆頭であるSERVE LOVE GIVE の
LOVE について。2018年に作成した小さな冊子の中から紹介します。

―コメント:成瀬貴良氏―
グルデーヴ・シヴァーナンダはどんな人も愛しました。自分を非難したり攻撃的な人でさえも愛しました。
グルデーヴは晩年、重いチフスに罹り、生死をさまよったことがありました。ガンガーの見える自分のクティールのべッドで寝ていた時です。
ガンガーのほとりにある老女がじっと坐っているのを見ました。彼は付き人に言いました。「彼女のところに行って、なぜじっと坐っているのか、食べる物はあるのかを聞いてきなさい」と。
後にその秘書は語っています。「わたしだったら、自分が瀕死の状態なのに、人の心配などできるかまったく自信がありません。そのような愛は一体どこからくるのでしょう」と。

アーシュラムは基本的にヨーガを学ぶところですが、シヴァーナンダ・アーシュムにはいろいろな人がやってきました。まったく精神性もなく、粗暴で、ただ社会に出るのが嫌だから滞在しているという人もいました。
周りの弟子たちは彼にアーシュラムを出て行ってもらうようにとグルデーヴに相談に行きました。
しかし、グルデーヴは弟子たちに言いました。「彼がどんなに意地の悪いことをしても気にしてはいけないよ。アーシュラムに連れてきて安楽地を与えることによって、少なくともデリーから悪者が一人減ったことだけは確かなんだから。彼をここに居させておやりよ。わたしが彼の中に種を蒔くから。そうすればいずれ、あるいは何年か後には芽が出るだろうよ。それが今世でも来世になってもいいじゃないか」と。

ーーー
🔸 成瀬貴良先生を囲むヨーガ勉強会の仲間Y.L.S.(ヨーガ・ライフ・ソサエティ)で、制作した小冊子(2016年版)があります。
今週は連載で紹介したいと思います。
冊子が欲しい人はこちら → 小さな冊子『スヴァーミー・シヴァーナンダの言葉』
🔸 『シヴァーナンダ・ヨーガ』を知りたい人への講座はこちら → 著者成瀬先生と読む『シヴァーナンダ・ヨーガ』(善本社)
🔸「Serve, Love, Give」 をテーマにしたハタ・ヨーガの実習ですよ❤(ӦvӦ。)
授業内容はこちら → 授業内容とトピックス

Tryambakam Yoga Center
早野智子


20.09.07

Category { お知らせ }
Comments  { 0 }

花束sivananda
今日9/7シヴァーナンダ・サラスヴァティ ヒマーラヤ入口聖地リシケーシのヨーガの聖者の誕生日の前日で『シヴァーナンダ・ヨーガ』の著者成瀬貴良先生の誕生日。

―コメント:成瀬貴良氏―
一口でスヴァーミー・シヴァーナンダという方を表すとしたら、「奉仕の人」といえるのではないでしょうか。
もちろん、偉大なヨーギーであり、近年まれに見る聖者であることは間違いありません。
スヴァーミー・グルデーヴ・シヴァーナンダは精神世界に入る前はマレーシアで医師として働いていました。しかし、そのから彼の奉仕の心は大きなものでした。治療費を払えない患者には無料で治療をし、貧しい人にはポケットマネーさえ与えていたということです。
後にリシケーシに来てからも、彼は年老いた修行者や病気のヨーギーのために尽くしました。サンタクロースのように大きな袋を担いでは彼らのところに行って薬や栄養のあるものを与えました。
一方で、自分にはたいへんな苦行を課していました。早朝に、凍るようなガンガーに入っては太陽が昇るまでマントラを唱えていたということです。奉仕と修行は並行して行なわなくてはなりません。

シヴァーナンダ・アーシュラムのスローガンともいえる「Serve, Love, Give」 この三つの筆頭にあげられているのがServe(奉仕しなさい)です。
シヴァーナンダ・アーシュラムはヨーガを学ぶためのアーシュラムです。しかし、グルデーヴ・シヴァーナンダは、ここリシケーシのシヴァーナンダ・アーシュラにヨーガを学びに来た人たちに第一に伝えたかったのがServe(奉仕しなさい)なのです。
アーサナや瞑想や哲学よりもまず学んで欲しかったのが他人へのServe(奉仕しなさい)だったのです。そして、これはスローガンなどではなく、グルデーヴ・シヴァーナンダの生き方そのものでもあったのです。グルデーヴの生涯を見ますと、人のための奉仕についてのエピソードがたくさん伝えられています。
金言と呼ばれるシヴァーナンダの言葉にもあるように、グルデーヴは、「奉仕というのは積極的でなくてはならない。常に他人に奉仕する機会を見つけるばかりか、自分で人々に奉仕する機会をつくらなければならない。」と語っています。
リシケーシのシヴァーナンダ・アーシュラムはそのような精神で満ちあふれています。

🔸 成瀬貴良先生を囲むヨーガ勉強会の仲間Y.L.S.(ヨーガ・ライフ・ソサエティ)で、制作した小冊子(2016年版)があります。
今週は連載で紹介したいと思います。
冊子が欲しい人はこちら → 小さな冊子『スヴァーミー・シヴァーナンダの言葉』
🔸 『シヴァーナンダ・ヨーガ』を知りたい人への講座はこちら → 著者成瀬先生と読む『シヴァーナンダ・ヨーガ』(善本社)
🔸 「Serve, Love, Give」をテーマにしてするハタ・ヨーガの実習。授業内容はこちら → 授業内容とトピックス

Tryambakam Yoga Center
t..hayano


Page 1 of 15512345678910next »