トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

todays-tyc


21.07.22

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_6948
瞑想やサマーディ(三昧)について触れた隔週で開催しているヨーガ学習会でした。
次回は8月2日(金)。
実践編でハタ・ヨーガのいくつかの瞑想をします。

今日の感想
会員M.Hさん。
「いま瞑想ブームですよね。仕事の空き時間で積極的に進める会社などもあって、手軽に、昼寝でもいいのでと(笑)推奨されているようです。でも、今日の資料の<瞑想の二十のヒント>などを読むと、どうしても現実的には難しい、「ムリっ」😅と思ってしまうのですが、どうなのでしょう」。

確かに、鍵のある部屋で、一人になって、姿勢を真っ直ぐにして、朝は4時に起きて、眉間を凝視し、食事はサトヴィックなもの……、確かにその通りですね。

さて「現実的ではない」、そして「どうなのでしょう」ということでした。
まず、現実的かどうか?については、わたしたちが現実的と思っていることとは?という問題になると思います。
一人ひとりの日常がありますから、現実的というのは…それぞれかもしれませんし。

それから、
「気軽に瞑想に向かうということを最近するオフィス」の話と、「(伝わって来た)云われ」を比較した時に、お感じになられることについて。
後者、今日の資料は名前に「瞑想の二十のヒント」とあるようにヒントなんです。
きっと伝えたいことの中から20を絞りこまれたのでしょうし、端的にしたでしょうから、それを優先する理由などは省かれていますねきっと。
ですから多少厳しくて無理なように感じるかもしれませんね。

そして、最後に、ほんとうにまず自分が「瞑想を生活に取り込んでみようか!」と決心したなら、決意に対して何か準備をしなくてはなりません。準備は、あれもこれもでは大荷物で歩けないので、まず一つ。これだけはしようと決めてはいかがでしょうか?
例えば
「一人になって目を閉じる時間を昼休みに持とう」「昼休みはひとりになって目を閉じて座る!」
こう決めたら、まず、それをしたらいいです。その他の項目はいいです。
昼休みになったときに、
先ずする。最初にする。これはコツです。

決めると皆さんは「やればいいのだ」と思っています。
でもやればいいくらいだとやれなくなりますよ(笑)。
先ずなのです!

思い出される話があります。
成瀬 貴良先生が若い頃、ヨーガに夢中になっちゃった時のお話をしてくださったことがありました。
「本当にヨーガをやってみたくて、やってみたくて、当時の教室では今のようなヨーガなんてまだ知られていなかった時代だったから、ヨーガ教室と言ってもウサギ飛びとか腕立て伏せとかしてたんですよ。ですから、佐保田先生の本なんかを読むと読んで試してみたくて仕方なかったんですね。それで、会社の昼休みはチャンスだと思ったから、近くの公園でしていましたよ。
皆さんはきっと、どうですか?やろうと思ったらお昼を食べて、残りの時間でしませんか?
きっと休憩時間になったら銀行に行かなくちゃとか、電話をしなくちゃとか、休憩時間になったら…って思っていたことをまずしますよね。
私は先ずヨーガをやったんですね。そうしないとする時間っていうのはなくなっちゃうからです。休憩時間にしようと思っていたようなことは後にして先に(ヨーガを)してしまって、残りの10分くらいでメシとか家族に頼まれていたこととかを急いでやったんですね。」

と。

ギリギリで切羽詰らないとやらない性格なので
今でもこの話の内容は私の先生です。
本当に雑ごと、コトをすればコトは増えるんです。真面目で熱心なほど。
キリがないから、決めた決意を先にやってはどうでしょうか。

Tryambakam Yoga Center
tomoko


21.07.06

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_6605
会員M.Hさん、レッスン後に
「皆さんはワクチンの接種をなさいますか?」
そんな話題になりました。
通知がやってきて、ご夫婦で悩んで、悩んでとのことでした。

結論になる良い応答をしてくださったのは会員で15年のM.Hさんでした。
「少しでも悩むならやめた方がいいですよ」と。流石👏。
M.Hさまご自身は、世界中にお友達がいらっしゃることもあり、今の年齢とこれからの生き方を考え
接種しておくことが必要だということで、自分で決定されました。
生き方を決めて、選ばれたのですね〜。二度目の流石👏。
わたしたちはゆるい時代(何でも可能にしてくれた時代)の中で、心底から「自分はどう生きるか!」について決定していくことを忘れてしまってはいないでしょうか。

さて、本題ですが
「こっちがいいと思う」とか、「こう言う考え方は好きではないから」とか感情論で物事を語ってもその時間は全く無意味です。
心の内を交わす会というのは、科学的な根拠にも基づいて、人々の健康を思い、平和を思い交わされるべきで、
交わされた言葉をきっかけに、健全で平和への行動が考えられるようにならなくてはなりません。

いつもシヴァーナンダ さんの言葉にある「中庸」の話をします。「強すぎることには危険が孕んでいるものです。」と。
そう・・・
だんだんに、徐々に、なのです。
だんだんと徐々にであり、突然良くなったり、悪くなったりすることはありません。
これは自然の法則で、とても常識的なことですよね。

皆さん!毎日、毎週と定期的なヨーガによって「気づき」の生活をしていることにもっともっと自信を持たれてください。

「気づき」でおかしいな、に気づくと思います。
だから、準備をすることができるのです。

「コロナは嘘だと思われますか?」と聞かれ
「はい。」と応答してしまいましたが、これは訂正しておきます。
「健康ではないと感じる症状があるのですから、あるのだと、嘘ではないと思います。」に言い改めます。
ただし、追記はあります。「関する報道に嘘、操作があるかと。」
わたしは、なんかおかしいな、と思っています。

もうずっとこのおかしいなは十数年前からですが、
いまの話だと、一つ目に、
コロナの死亡者数は1万人を超えていますが、重篤者数になるとうーんと少ないです。
これはおかしいです。必ず重篤患者になって、経て死に至りますから。
もう一つは、
今日、投げかけてくださったM.Hさんがおっしゃったように、
「接種の案内が、まるで一万円の買い物ができるクーポン券みたいに送られてきました〜」
はい。その感覚の通りです。クーポンと名のつくものはお囃子のようなあおりで、盲目にします。
祭りだからと調子を上げ、盲目になってお騒ぎをしたりする、そういう問題ではないです。

Tryambakam Yoga Center
tomoko


21.07.03

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_0914
8月の予定も決定しました。盆はお休みを数日いただきます。
盛岡では2日間のみですが盆のヨーガの会を開講しようと思います。

数日休みになることで
会員K.Mさん「随分お盆は休みになるんですね〜」
早野「毎日されるK.Mさんにはヨーガがなくてもたないかしら?」
「6月、数えてみると、前日、何と30日のご出席でした!」

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ (´⊙ω⊙`) Σ(・□・;) 

「(一同) すごっ」
早野「一度、どのようなお気持ちでいらっしゃるのか聞いてみたかったのです」
ー K.Mさんにインタビュー🎤💐 ー
K.Mさん「もう、ヨーガがないと〜( ´∀`) 生活の中心がヨーガですから〜っ😆」
「ヨーガのあるところに予定を入れないんです。予定を決めるときも、ヨーガの時間を避けてたてて・・・。」

皆さんから称賛の中「あ〜、でもでも!お忙しい皆さんと違って私の場合、基本がヒマだからですう〜っ😅」と謙虚。何と愛らしいっのでしょう。
忙しさという心もまた、ご自身の思い一つですから
そのようにサラリっとおっしゃるK.Mさまに🙏

また、数の話では決してないですが、続いていることは意思がないと成り立ちませんから、実際にそうなっているなら、通っている証。

ヨーガは意志を持つことを進めています。
シヴァーナンダ師も「祈り(意志)は実りへの最良の肥」と仰っています。
悩みは分からんとか不安と曖昧だったり、人任せから生まれます。
それは人の考えを立てているようで、ほんとうの優しさや愛の示しではありませんね…。
あれこれ悩んでいると結局やらなくなったり
時は瞬く間に過ぎているものです。

リモートも始まって、失敗や不便、苦悩もあるかもしれませんが長所もたくさん。
ヨーガが教えるように、失敗や嫌だったことは気にせず、長所だけを見れば、単純に伸ばせるでしょう。

Tryambakam Yoga Center
tomoko


21.07.01

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_3052
織り織りのうたへ材料となるTシャツをクラスに持参くださった会員T.Mさま。個人でお送りくださったS.Aさま。お心に合掌礼拝🙏。
そうだ。「布施」について、今日は書いてみよう。
奉仕は、実はご自身への布施なのですね〜。
自分が良い人になるためではなくて、自分の精神性の学びの場を与えられたということなのだと、わたしは理解していまーす。

奉仕や布施の背後に、こんなお心はございませんでしょうか?

随至施(ずいしせ)…するに至ると書いて、あまりしつこいので断れずにした布施。
怖畏施(ふいせ)…恐れおののく畏怖と書いて、応じないとどうも具合の悪いことになりそうだといった不安からする布施。
報恩施(ほうおんせ)…報いる恩と書いて、昔に受けた恩を返すためにする布施。
求報施(ぐほうせ)…求める報いと書いて、返礼を期待してする布施。
修先施(しゅうせんせ)先に習ってと書いて、慣習になっていて、先例があるからしなければならないとしてする布施。
希天施(きてんせ)…天を希望と書いて、その功徳によって、天界に生まれたいと希望いてする布施。
要名施(ようみょうせ)…自分の名声を高めようとしてする布施。

これらはインドで成立した仏教のクシャ(倶舎)論に挙げられている「不純な布施」です。
こんな布施はしない方が良い。
ですが、、、
今日も、教室の皆さんがなさってくださる自然な流れ、お手伝いや気づかれてされる優しい行為は
良い良い(Be Good Do Good だ!)なあ〜と感じます。
そして、やっていれば「あれれ?」にも気づき、正しい布施を知らされるように学べるものです。。。
こんなこともありましたよう→ カルマ・ヨーガは美しい!はこちらから。

Tryambakam Yoga Center
tomoko


 


Page 1 of 5512345678910next »