トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

todays-tyc


21.05.16

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_6700
修了式の朝、二年ぶりにカラーが咲きました。
四月、土の中から息吹いた芽🌱
ぐんぐん茂って、そして一輪咲きました。

さて。
ヨーガを始めて十数年の人も、まだ始めて間もない人も一緒に過ごしたリトリート。
そこに皆さんがいるから朝起きられた!(Y.Sさん)
そうですね。昔、ヨーガの先生から聞いて大好きな話。クラスでも何度も喋っています。
「はじめは苗木には囲いが必要。
害虫や強い雨風をしのいでやって、
ときどき、支え棒や着いたものをはらってやって、
そうやってある程度になればあとは勝手に成長する。
そして大きくなったとき、
茂った葉で主人を木陰に包み休ませてくれるだろう
大きな実をつけて共に味わう。」

ずっと後になって、ラーマクリシュナの『コタムリト』 の中でほぼ同じ内容を見つけたものでした。

「終わってしまうのが寂しい気がします」(S.A さん。I.Kさん)
撒かれた種を育ててください。
私は感想を尋ねたりしましたが、整頓しなくて良いのです。その心地よさを続けたら良いと。
「種を植えて「いつ芽が出るかな」と毎日掘り返して見る人はいませんよね。そっと、じっと。」
これは成瀬貴良先生の話。

そして、不思議体験をこの期間中にした方もあるようです。
思う方と話ができるような、
逃すところだった機会に直感から逃さずにすんだ、など
確かに静けさの深いところや夢では、今すべきヒントやメッセージが送られてくる。
だから、瞑想のあとはとっても忙しくなるのです。やることが明瞭に分かるから!そして可能になるのです。早く起きた恩恵から。

黙々と一人歩まれてください。
皆さんの幸せな人生を心からお祈りしています。
体験したことにとらわれずに。囚われそれが目的になってしまいませんように、それは一つのアドヴァイスです。
ただ大いなるものと朝共に坐る喜びに包まれ、大いなるものへの挨拶を交わす。ただ純粋でありますように!
純粋となった、この与えられている生(生命)をどう全うされるか、心的成長をお祈りします!

もし仮にあなたが超し全力に魅了され、何年かそのための訓練を行なうことによって、さらなる自然力を身に付けたとしましょう。
それによって何をしようとするのでしょうか?それによって行きつく先はどこなのでしょうか?いつもそれを忘れずに。
こんな話があります。

巡礼船に乗って毎日のようにガンジス河を渡ったものですが、ある日船が戻って来るのを待っている間に、友人が次のような話を聞かせてくれました。「一人の行者が自分は空中に浮くことができると自慢していました。十二年の苦行、難行のすえ、彼は重力法則に打ち勝って、空中に浮かべるようになったのです。彼は言いました。「いいですか。私は今、思いのままに体を移動させることができます。皆さんが船で渡るところを、私は宙に浮かんで向こう岸まで行けるのです。
それを聞いていた巡礼の一人は、ごく平凡な村人でしたが、常識を持ち洞察力もある人でした。驚きもしないでこう答えたのです。「それが何の役に立つのですか。人生の十二年間も費やして何をしたというのですか。川を渡る、ただそれだけですか。私はその十二年間に、自分にできる限り自分自身の人生を生き、何も無駄にはしていません。それに、私はいつでも好きな時に船で川を渡れます。普通の船ならたったのニアンナ、そして巡礼船は無料なのです。」

Hari om tat sat !
Tryambakam Yoga Center


21.05.15

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_6710
毎日狛江の野菜をいただく早野家。
「お世話になってるな〜」
「何ができるかな?」
と、長年教わってきたヨーガしかないので、
伝えようとここで始めて17年。
ヨーガもちょっと喜んでくれているでしょうか。
毎日の喜びや励みになって、勇気や一歩の力になれば!

我が家は何もなければランチ兼夕飯の午後4時半〜5時半ごろ。
黄色のズッキーニがもう出ていました。
カブさんも。大きい!カブの葉っぱも柔らかでした。
レタス も中和泉二丁目です。
ルッコラは信号の向こうの自動販売機になった産直。
紫玉ねぎは駅前の八百屋さんが芽が出ているからとくださった。
プラーナをいただきます。
土、水、光、雨、働く手、よく育てという祈り、全てが身体に入り、体に棲むエネルギーは喜ぶでしょう!

ビリヤニはインドの炊き込み飯。インディアカ米は軽いので(身体が)楽です。
🙏🍀

狛江の野菜を
いただいているので、
「お世話になっているな〜」
「私は何ができるかな?」
と、先生から教わったヨーガのためにも(ヨーガへのお礼)、皆さんの喜びに、力に、励みに、勇気になればと始めたのは、
あ〜2004年だったなあ。ずいぶんとここで伝えて来ました。
狛江の野菜を通して、空気、水、土、光、雨、働く手、賑わい、全てに育てられています。
グリンピースが出ていました〜。大好物です。短く茹でてギー(インドのバター)と塩。
レタス サラダは主食みたいです(笑)。マー実(シソの実)と。
大きなエンドウにスナップエンドウは明日かなあ〜
ブロッコリーはス〜プに。スープの素は、毎日出る野菜クズをだしにして野菜コンソメですよう(作り置き)。
ジャガイモは自家製。
合掌していただき、この栄養をしっかり使ってヨーガを伝えますよう〜
Tryambakam  Tomoko..

Tryambakam tomoko..


21.05.12

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_6707
狛江の野菜を
いただいているので、
「お世話になっているな〜」
「私は何ができるかな?」
と、先生から教わったヨーガのためにも(ヨーガへのお礼)、皆さんの喜びに、力に、励みに、勇気になればと始めたのは、
あ〜2004年だったなあ。ずいぶんとここで伝えて来ました。

狛江の野菜を通して、空気、水、土、光、雨、働く手、賑わい、全てに育てられています。
グリンピースが出ていました〜。大好物です。短く茹でてギー(インドのバター)と塩。
レタス サラダは主食みたいです(笑)。マー実(シソの実)と。
大きなエンドウにスナップエンドウは明日かなあ〜
ブロッコリーはス〜プに。スープの素は、毎日出る野菜クズをだしにして野菜コンソメですよう(作り置き)。
ジャガイモは自家製。

合掌していただき、この栄養をしっかり使ってヨーガを伝えますよう〜

Tryambakam Tomoko..


21.05.01

Category { 月刊新聞 }
Comments  { 0 }

IMG_5221
インドはリシケーシのシヴァーナンダ ・アーシュラムへ向かったとき、
スヴァーミー・ヴィシュワルーパーナンダジーが仰られた言葉。
「あなたが向かおうと準備したとき、それはもう始まり。」

この言葉と併せて成瀬貴良先生がよく仰られる何気ない言葉。
「ヨーガは整う」

ヴィシュワルーパーナンダ ジーは言いました。
「もう、アーシュラムで生活しましたか?今日、これから行かれるのですか?」
はい。これから行き、今夜のサット・サンガからアーシュラムでの生活です!
「アーシュラム生活をするとお決めになったのはいつですか?今日決めたのですか?日本で決めたのですか?」
(もちろん日本にいるときから決めてやってきましたが・・・。)
「あなたは日程を決めるために家族に相談をしたでしょう。仕事やスケジュールを調整し、上司に話し、費用を工面しました。
アーシュラムでの生活を想像して、荷物を準備、心を準備しました。体調管理にも気遣いましたね。
もうすでにヨーガ生活は始まって開始しているのです。」

成瀬貴良先生の言う「ヨーガは整う」の言葉もそう。この言葉には二つの意味があるのだろうと、つくづく思わされるのです。
一つは、ヨーガの実習をすると、身体の怠惰感や不良不良、心のイライラや怠慢など心は闇から目覚めて明瞭に。この身体の軽快さと心の解放が整う点。
もう一つはヨーガを持つことによって、日常生活のヨーガ以外のことが交通整理されるように整っていくという点。

向かう心に気づかせてくれるヨーガ。ヨーガの長所です。
私たちは忙しい毎日をただ暮らし、意志を持って日を送る決定の意思力が弱くなっています。
ヨーガ実習での経験される心地よさは、再びヨーガを準備させますので、向かってゆく強く健全な良い循環が生まれて行きます。

hari om tat sat !


Page 1 of 5212345678910next »