トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

lecture


19.01.21

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

沐浴したみなさんのマーラー。

沐浴したみなさんのマーラー。


ハリオーム!
 大いなるものよ
 聖なる地よ
 ヒマーラヤの聖者よ
 ॐ!

 そうか!クンバメーラだ!
 クンバメーラのクンバはハタ・ヨーガに深く関係するムドラー行で使われるクンバカのクンバ。
 水瓶。壺の意味です。メーラは祭祀。

 遥か遠い古代、神様たちとアスラ(悪魔)たちは不老不死の甘露の精アムリタを奪い合うとりっこをしたそうな。
 その争いは12年続いたとさ。
 そのとき落ちた5滴のアムリタのしずくは
 クンバの聖地となった。争い続けた12年に一度、聖地でクンバメーラが開催されています。

 多くの人達がやってきて沐浴をします。
 その集まる人の数たるや3000万人、2ヶ月間で7000万人ともいわれます。
 「さて、東京の人口は何人ですか?」と、私も聴かれ、調べて驚いたものでした。

 このクンバメーラのときは、サンニャーサとよばれるヒマーラヤでの修行者もヤマから下りてきて沐浴すると聴きました。
 そう、初めてマンガンランヨーガピートに訪れたの年、クンバメーラの年でした。
 あれから12年の歳月がながれていたのね。
 

Tryambakam Yoga Center

 

 


19.01.08

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

IMG_1025
年末、【大掃除】の話題になりましたね。
「毎日やっているから大掃除必要ないってやつですか?」と会員のマリコさんに言われました。
「はい」と胸を張って言える程ではありませんが、年末にまとめてということはありません。
でも、おばあちゃんの家をまとめて一日で大掃除しますので、その大変さも知っています。
手は荒れ放題になり、身体はクタクタになります。

「時間割でしているのです。」と話をしました。
掃除も曜日ごと時間割です。
例えばこの朝の7〜8時の1時間はお掃除時間(クラスでのチャーイやお茶をコトコトストーブにかけながら〜♪)。
今日は火曜ですから「火」の輝きや熱を讃えちゃう。より良くお力が発揮されるようにとレンジ・キッチン周りです。
基本のコース【ハタキ→掃き→拭き→水回り】にオプションコースが曜日ごと付く訳です。
ちなみに明日は窓です。

お掃除しているときは【おそうじオバチャン】になりきります。
昔、ジャズかな?ロックか?憂歌団 おそうじおばちゃん というのがあって最高に大笑いして好きになりました。
あたしはビルのおそうじオバチャン♪と口づんでしまっていつも可笑しいです。

今日も平和でありますように

「火」は暖かさという熱をお与えくださいます。
炎は輝く光の熱や強さを指し示してくださいます。
また、私たちの食べるものをやさしく調理してくれもします。
火のような人間になりたいものです。
ですから私は火を大切に扱おうと思います。

Tryambakam Yoga Center


18.12.24

Category { お知らせsingle 教室トーク }
Comments  { 0 }

IMG_3587
澄んでる雨上がり
空っぽの朝

ぐんぐん成長する昇の午前
内なる光の目覚とともに♪

空っぽにして、尽くし手助けしようということへ尽くし邁進くださいませ。
真っ直ぐな心にはどんな障害も道を譲って開けてくれるでしょう。あなたがそうするように…。
そして開かぬなら怒らず、困らず耳を澄ませて立ち返ろう。

振替㈷でイヴの今日はXmasYOGA
真っ直ぐいらしたみなさんへ 🎅は素敵なイヴを祈り皆様へプラサード🎄
スパイスcakeを作りましたよ。
Tryambakamチャーイもモチロン😉

fullsizeoutput_2091


18.12.19

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

fullsizeoutput_2152
「瞑想はただ心を無にして坐るのではないのですね〜」
昨日の朝ヨーガで年末交流会に出席された会員さまの声。
「はい。必ず意識を注ぐ対象があります。」
「そうですよね。だからいつも身体の部分、部分に意識をむけるのですものね。」
とても大切なことにお気づきになっていただけ嬉しい気持ちになりました。
いつも対象をもつことで向けるエネルギーの方向が意識されてゆくのかもしれませんね。
「言ってもらうとできるんですけれど、一人で、家でするのなんて到底無理ですぅ〜(笑)覚えられないし、覚えても忘れます。」
「そうですね。わたくしだってそう。どんなに、覚えてもう「大丈夫!」と思ってもズレるのですから。
自分の解釈というものがズラすんですね〜。私たちは毎日、瞬間に何かに影響を受けます。反応する性質。ですから知らずとズレます。
だから、月に2〜3度は先生と坐らなくてはととても大事にしています。
そのときはもう、教わって覚えようとか、学んでこようという気持ちは持ちません。
ただ、ただ、そばでいつも通りに注いでいただくのです」

fullsizeoutput_20c6


Page 1 of 1712345678910next »