トリャンバカム・ヨーガ・センターについて ヨーガ クラススケジュール 料金について よくあるご質問と体験者の声 アクセス/コンタクト 講師プロフィール
news/blog
お知らせ
YOGA生活
支援活動
レッスン前の話
クラスの様子

lecture


19.03.25

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

IMG_0139

インド リシケーシで研修中のヨーガの仲間の滞在の様子が聴こえてきて、クラスでも紹介しました。

Y.L.S.(成瀬貴良先生にヨーガの実技と哲学を教わっている仲間の集まり)の勉強会を毎月受講されているAkemi さん、Mamikoさんの様子です。リシケーシでアーシュラムを営み、ヨーギー、ヨーギニーの母、川崎あき子さんからの便りでした。その一部をお伝えしました。

Akemiさんはすばらしい!Mamikoさんと一体化して動いています。可能な限りMamikoさんの願いを叶えようと一生懸命です。まさに今日ハムサナンダジのお話にあったカルマ・ヨーガです!と。

そう、今日これからする皆さんのどんな行動、振る舞い、話すことも聞くことも、食べたり見聞きすることも、思うことも、そして呼吸も…どんな行為も全くの他者のために、そこに居られる神へ向けて発信されてください…と。ご受講の皆様へお話するとき、わたしはもっとも自己の心身に話しかけるのでした(笑)。

さて。
「訪れるヨーギー、ヨーギニーが修行に専念できるようにと、なんでも叶えてくれようと世話してくださる方こそあき子さんですよ!」と褒め讃えるあき子さんには思わず微笑んでしまいました。また全盲のMamikoさんの目になっているakemiさんへ敬服合掌。

短い文面でしたがわたくしはたくさんのことでいっぱいになりました。
ひとつはリズムについて。
尊敬するプレーム・ヨーギー、ペールウィンターさんが著書「ヨーガ教室」の中でリズムについて書いています。
呼吸のリズムということで書かれているのですが、わたくしは、呼吸のリズムは時のリズムに通じるとも言えるので、
「行きたい!」と自己の内で行けるとイメージ出来ていたのだろうMamikoさんとリズムと、応じられるリズムだったAkemiさんとの関係性。
すばらしい奇跡の一致。印象深いできごとです。

カルマ・ヨーガについて。
手紙には「神の道に通じなければカルマ・ヨーガではない・・・。」とあったのですが・・・、
そう、まさに「神の道に通じなければ」です。あらゆるものお内に神を見、それのみを見ているということ。まったくの無私です。無私でいられることの自由さで夢中です。讃えられてのこと。日々の恩恵です。それらを享受、楽しんでいられること。すべてを含めて、カルマ・ヨーガになれること。「通じていなければ」のときなのですね!羨ましい限りです。

連鎖して「神」との日々を願う気持ちになりました。神との日々について。
特別な「神」という人がそこに、そっちに、ちょっと離れたところにいるというのではないということ。今、ここに、この心の内に外に触れて居られて、どんな瞬間も触れ合っているのに・・・そのことが認識されなければ忘れてしまうことだし、意識しなくてもいいや、という気持ちになってしまう。
自由で、楽しくてしようがなく、すべきことがあるときというのは、まったく神と一体化しているように自身の心(感情)がいっさい働かないから楽で自由です。

リシケーシという場所について。
リシケーシを想像することができる幸せを思いました。短い数文字でも、思った一瞬で神を思えます。神との戯れに楽しく、また尊び、匂いや味わい(経験)を思い返えして乞うている時になります。
訪れたことのある場所ならば、人は誰でもリシケーシに限らず思いを馳せていかようにもその味わいは広がるものですが、しかし、リシケーシやアーシュラム、ヨーガを教えてくれた先生や師匠、スヴァーミージー方を思うときのみ、広がるそれに一点の濁りもない、濁りを寄せ付ける間もないというところがこの場所の凄いことのように感じます。

最後にヨーガに触れていることについて。
「いつもこうして(電車のつり革を持つように)触れていなさい」と成瀬先生がいったように、触れている今を思いました。毎日さまざまなことがあり、さまざま対応して、まざまざと感じることがあるけれど、触れ続けられていることに合掌。

Tryabakam Yoga Center


19.01.21

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

沐浴したみなさんのマーラー。

沐浴したみなさんのマーラー。


ハリオーム!
 大いなるものよ
 聖なる地よ
 ヒマーラヤの聖者よ
 ॐ!

 そうか!クンバメーラだ!
 クンバメーラのクンバはハタ・ヨーガに深く関係するムドラー行で使われるクンバカのクンバ。
 水瓶。壺の意味です。メーラは祭祀。

 遥か遠い古代、神様たちとアスラ(悪魔)たちは不老不死の甘露の精アムリタを奪い合うとりっこをしたそうな。
 その争いは12年続いたとさ。
 そのとき落ちた5滴のアムリタのしずくは
 クンバの聖地となった。争い続けた12年に一度、聖地でクンバメーラが開催されています。

 多くの人達がやってきて沐浴をします。
 その集まる人の数たるや3000万人、2ヶ月間で7000万人ともいわれます。
 「さて、東京の人口は何人ですか?」と、私も聴かれ、調べて驚いたものでした。

 このクンバメーラのときは、サンニャーサとよばれるヒマーラヤでの修行者もヤマから下りてきて沐浴すると聴きました。
 そう、初めてマンガンランヨーガピートに訪れたの年、クンバメーラの年でした。
 あれから12年の歳月がながれていたのね。
 

Tryambakam Yoga Center

 

 


19.01.08

Category { 教室トーク }
Comments  { 0 }

IMG_1025
年末、【大掃除】の話題になりましたね。
「毎日やっているから大掃除必要ないってやつですか?」と会員のマリコさんに言われました。
「はい」と胸を張って言える程ではありませんが、年末にまとめてということはありません。
でも、おばあちゃんの家をまとめて一日で大掃除しますので、その大変さも知っています。
手は荒れ放題になり、身体はクタクタになります。

「時間割でしているのです。」と話をしました。
掃除も曜日ごと時間割です。
例えばこの朝の7〜8時の1時間はお掃除時間(クラスでのチャーイやお茶をコトコトストーブにかけながら〜♪)。
今日は火曜ですから「火」の輝きや熱を讃えちゃう。より良くお力が発揮されるようにとレンジ・キッチン周りです。
基本のコース【ハタキ→掃き→拭き→水回り】にオプションコースが曜日ごと付く訳です。
ちなみに明日は窓です。

お掃除しているときは【おそうじオバチャン】になりきります。
昔、ジャズかな?ロックか?憂歌団 おそうじおばちゃん というのがあって最高に大笑いして好きになりました。
あたしはビルのおそうじオバチャン♪と口づんでしまっていつも可笑しいです。

今日も平和でありますように

「火」は暖かさという熱をお与えくださいます。
炎は輝く光の熱や強さを指し示してくださいます。
また、私たちの食べるものをやさしく調理してくれもします。
火のような人間になりたいものです。
ですから私は火を大切に扱おうと思います。

Tryambakam Yoga Center


18.12.24

Category { お知らせsingle 教室トーク }
Comments  { 0 }

IMG_3587
澄んでる雨上がり
空っぽの朝

ぐんぐん成長する昇の午前
内なる光の目覚とともに♪

空っぽにして、尽くし手助けしようということへ尽くし邁進くださいませ。
真っ直ぐな心にはどんな障害も道を譲って開けてくれるでしょう。あなたがそうするように…。
そして開かぬなら怒らず、困らず耳を澄ませて立ち返ろう。

振替㈷でイヴの今日はXmasYOGA
真っ直ぐいらしたみなさんへ 🎅は素敵なイヴを祈り皆様へプラサード🎄
スパイスcakeを作りましたよ。
Tryambakamチャーイもモチロン😉

fullsizeoutput_2091


Page 1 of 1812345678910next »